不動産なんでもオンライン相談

  • 向ヶ丘遊園本店 044-930-7002
  • 稲田堤営業所 044-949-1662

非公開物件を見る

稲田堤の新築戸建てなら株式会社カワサキ不動産 > 株式会社カワサキ不動産のスタッフブログ記事一覧 > 住宅ローン選びで失敗しないための注意点をご紹介

住宅ローン選びで失敗しないための注意点をご紹介

≪ 前へ|建売住宅購入時のチェックポイントをご紹介   記事一覧   新築戸建ての購入に必要な登記の種類と費用をご紹介|次へ ≫

住宅ローン選びで失敗しないための注意点をご紹介

住宅ローンの失敗は、誰にとっても避けたい問題です。
これからマイホームを購入しようと考えている方にとって、住宅ローンは大きな負担となりえます。
そこで本記事では、住宅ローンの基本から借りる前後の注意点までをご紹介します。

住宅ローンの借り方

住宅ローンの借り方を理解することは、マイホーム購入の重要なステップです。
最初に「いくら借りられるか」を検討することが大事です。
年収に占める返済額の割合、つまり返済負担率の上限を意識してください。
一般的に、返済負担率は年収の30~35%程度とされています。
次に、どの住宅ローンを選ぶかを検討しましょう。
提携ローンと自分で選ぶ住宅ローンの両方が選択肢になります。
提携ローンは手続きが簡単なメリットがありますが、プランが限られているので選びにくいといったデメリットもあります。
事前審査(仮審査)を受けた後、本審査に進みます。
本審査を通過したら、住宅ローンの契約を締結し、融資が実行されます。
住宅ローンを借りた後の返済方法としては、元利均等返済がおすすめです。
返済額が完済まで一定で、資金計画が立てやすいからです。
返済期間を短く設定するのではなく、必要であれば繰り上げ返済で対応することが賢明といえます。
また、他に借金がある場合は、住宅ローンの申し込み前に完済しておくことが大切です。
特にキャッシングや無担保ローンの残債があると、審査に悪影響を及ぼすことがあります。
さらに、結婚しているかどうかもローン審査に影響することも。
単身者(未婚者)の場合、審査が厳しくなる傾向にあります。
また、ペアローンについても、安定した収入があり、離婚のリスクが低い場合に選択肢となります。
住宅ローンを選ぶ際には、これらの点を総合的に考慮し、自分に最適な選択をすることが重要です。

住宅ローンを借りる前のポイント

住宅ローンを借りる前に押さえておくべきポイントは多岐にわたります。
まず、住宅ローンとは住宅を取得するためのローンであり、購入費用や建築費のための資金であることを理解しておく必要があります。
建築費や購入費以外にも登記費用や仲介手数料、引っ越し費用などさまざまな費用が発生します。
これらの諸費用を含めた総額を考慮することが重要です。
次に、住宅ローンの種類と金利タイプの理解も重要です。
金利タイプには大きく分けて変動金利型、全期間固定金利型、固定金利期間選択型があります。
変動金利型は市場の金利動向によって変動するため、将来の金利上昇リスクの考慮が必要です。
一方、全期間固定金利型は借入時から完済までの間、金利が変わらず、返済計画が立てやすいですが、市場金利が下がっても同じ金利を維持する必要があります。
これらのポイントを把握し、資金計画を立てることがマイホーム取得の成功への鍵となります。

住宅ローンを借りた後の計画

住宅ローンを借りた後の管理と返済計画は、長期にわたる家計の健全性を保つために重要です。
返済計画を立てる際、家族のライフプラン、家計のキャッシュフロー、そして家計のバランスシートを総合的に考慮することが必要です。
まず、家族のライフイベントやライフスタイルを検討し、将来の退職後の生活まで視野に入れます。
次に、現在およびローン借入後の家計収支を把握し、将来の収入状況や大きな支出(教育費や老後費等)を予測します。
また、現在の資産と負債の状況を考慮し、借入後の資産と負債のバランスを評価することも重要です。
返済計画を立てる際は、金利や返済期間、返済額、返済方法などのローン条件を慎重に検討することが求められます。
金利は状況にあった金利タイプを選び、返済期間は退職前に完済することが望ましいとされています。
返済期間が長いと月々の返済額は少なくなるものの、総返済額が大きくなることに注意しましょう。
返済額の決定には、返済比率が20%~30%程度が望ましいとされています。
返済方法としては、元利均等返済が一般的ですが、元金均等返済を選択すると最初の負担は大きいものの、総返済額は小さくなります。
住宅資金計画の立て方については、適切な購入資金(予算)の算出と無理のない返済計画の策定が重要です。
資金計画は、単に購入資金や返済額を計算するだけでなく、ライフプランを考慮し、家計全体の支出や将来計画も総合的に考える必要があります。
頭金の準備、購入諸費用、入居費用、生活予備費など、様々な資金の準備と管理が求められます。
これらのポイントを踏まえて住宅ローンの管理と返済計画を立てることで、マイホームを購入した後の家計を安定させ、将来にわたって健全な資金管理を行うことが可能です。

まとめ

この記事では、住宅ローンの借り方、借りる前の準備、そして借りた後の管理方法について解説しました。
住宅ローンは長期にわたる大きな責任を伴うため、十分な情報収集と慎重な判断が求められます。
返済計画を慎重に立て、家計に無理のない範囲で計画を進めることが重要です。
また、ライフプランを考慮し、将来の収入や支出、家族のライフイベントなどを総合的に考慮することも大切です。
これらの点を念頭に置き、マイホーム購入の夢を現実に変えましょう。


≪ 前へ|建売住宅購入時のチェックポイントをご紹介   記事一覧   新築戸建ての購入に必要な登記の種類と費用をご紹介|次へ ≫

 おすすめ物件


シエルブルーコート登戸

シエルブルーコート登戸の画像

価格
5,480万円
種別
新築一戸建
住所
神奈川県川崎市多摩区登戸
交通
登戸駅
徒歩14分

スペースイン長尾台

スペースイン長尾台の画像

価格
2,680万円
種別
中古マンション
住所
神奈川県川崎市多摩区長尾6丁目12-4
交通
宿河原駅
徒歩18分

菅城下 新築戸建て

菅城下 新築戸建ての画像

価格
3,980万円
種別
新築一戸建
住所
神奈川県川崎市多摩区菅城下
交通
京王稲田堤駅
徒歩8分

中野島6丁目 全3棟

中野島6丁目 全3棟の画像

価格
5,798万円
種別
新築一戸建
住所
神奈川県川崎市多摩区中野島6丁目
交通
中野島駅
徒歩6分

トップへ戻る